医療事務は専門分野でサポートする仕事です

医療事務は病院や調剤薬局などで事務作業を行う仕事です。
病院で患者の受付をしている人がこれにあたります。
患者さんのカルテや会計を処理したり金銭の受け渡しなど業務は様々です。
しかし、医療事務は一般的な事務と違いカルテやレセプトの作成を行います。
レセプトとは保険組合に7割の医療費を請求するための書類です。
作成にはカルテを理解しないといけないので医療に関する知識が必須です。
医療事務は医師と看護師の業務をサポートする役割といっていいでしょう。
仕事をするにあたっては必要な資格はないので未経験でも就くことはできます。
しかし、医療の知識は必要なのである程度は勉強しておくと良いでしょう。
医療の資格は技能検定を持っていると損はありません。
持っていると有利なのは医療秘書・診療報酬請求事務・診療情報管理技能・診療情報管理士などがあります。
また、受付では患者に対応するためコミュニケーションスキルも必要です。
正社員・パートなど雇用形態も幅広いので色々な人が就きやすい職業です。